『〇〇専門弁護士』『専門分野〇〇』という表現について(多摩市聖蹟桜ヶ丘駅前『弁護士だより』)

文責 弁護士 石埜直樹(東京弁護士会所属)

多摩市聖蹟桜ヶ丘駅前から『弁護士だより』をお届けします。

『〇〇専門弁護士』という表現は用いません
当事務所では、ホームページや広告上で『〇〇専門弁護士(例えば、債務整理専門弁護士など)』『専門分野〇〇』という表現は、一切用いません。弁護士広告に関するガイドラインによって避けるべき表現とされているためです。代わりに、『関心領域は〇〇です。』というような表現を用いますので、あらかじめご承知おき下さい。